« かなり便利そうな海外対応形態電話が発売されるらしい!! | トップページ | 全日空ホテルのその後は? »

2006年12月 9日 (土曜日)

全日空ホテルが消滅?!

数日前に全日空(ANA)ホテルから一通の手紙が届きました。

Img_0761 121日付けでANAホテルメンバーはインターコンチネンタルホテルズ・グループ(IHG)に運営を引継ぎ、今後はIHGのメンバープログラムである「プライオリティ・クラブ・リオード(PCR)」に移行します。

ついては今までの特典の処理は下記のように取り扱います。

1.2007331日までに手持ちのポイントを宿泊券、利用券などに交換すること。

2.同封のPCR入会申込書で入会するとポイント移行可能。

3.もし会員が宿泊などの事後登録を申し出る場合にはPCRとしてポイントを貯めることができるがANAホテルメンバーとしてはNO.

4.2007930日までにPCRに移行されていないポイントは失効する。

5.20071031日でANAホテルの宿泊券、利用券は無効となる。

という内容でした。

そして、本日の朝刊に大きく「全日本空輸(ANA)は直営13ホテルの資産売却発表」と出ていました。

ホテル事業はこれまでANAの中核事業と位置付けられ、しかも業績は順調だったそうです。昨日の発表ではこれは不振事業を切り捨てるのではなく中核事業の再編に踏み込むことで、本業の航空」に経営資源を集中することからと述べています。

 これに対し、JALもホテルや社員寮など資産売却を急いでいますが、JALの場合は経営再建に向けた公約である2007年3月期の黒字を確保するための苦肉の策みたいですね。

ANAJALがもたつく間にJASとの統合でJALに追いつかれた国内線の地盤を強固にし、一気にJALを引き離そうという戦略がみえます。

|
|

« かなり便利そうな海外対応形態電話が発売されるらしい!! | トップページ | 全日空ホテルのその後は? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/4478193

この記事へのトラックバック一覧です: 全日空ホテルが消滅?!:

» サンフランシスコの高級ホテル、マークホプキンス・インターコンチネンタル [海外ホテル激安予約情報と独断ホテル批評]
ブログ管理人の勝手なホテル批評です。良いところも悪いところもできるだけ正直に書いております。一度お立ち寄りください。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土曜日) 12時20分

» HISの旅行、安いですねぇ!! [ミィの「今日の気になる話題」]
HISの広告見た方、いますか? 旅行、安いですねぇ~!! 海外旅行が、こんなに安... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水曜日) 23時58分

» 金沢全日空ホテルの情報 [金沢全日空ホテルに泊まろう]
金沢全日空ホテルは、加賀百万石の伝統と文化が今も脈々と息づく街、金沢にあります。金沢全日空ホテルは、この気品ある街のシンボルというにふさわしいホテルです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木曜日) 00時01分

« かなり便利そうな海外対応形態電話が発売されるらしい!! | トップページ | 全日空ホテルのその後は? »