« 【お知らせ】 | トップページ | 航空会社の燃料節約あれこれ »

2006年11月16日 (木曜日)

航空会社再編でマイルはどうなる??

 米航空会社第6位のUSエアウェイズは昨日、経営再建中の第3位の「デルタ航空に対し買収を提案したと発表されました。提示額は総額80億ドル(約9400億円)。                                  、                              Us_airwaysmerger_1

 これはUSエアウェイズのホームページのトップの写真ですが、すでにデルタ航空の買収提案を行なったと明記してあります(露骨というか・・・ストレートというか・・・)。

 さて、これまで大手航空会社ではデルタ航空とノースウエスト航空の2社が破産法(米国では破産法チャプター11と呼ばれています)の下で現在も経営を続けているのですが、この二社が破産会社と認識している旅行者もあまり多くはないでしょう。

 またデルタ航空に対しては同国第二位のユナイテッド航空の親会社であるUALも買収先の有力候補として興味を示していました。UALはこの一方で、第4位のコンチネンタル航空などとの合併も検討しているもようと報道されています。これから原油高を背景にアメリカの航空会社の再編が進むと報道されています。

 これを整理するとアメリカの航空会社の規模別のランクは:

1.アメリカン航空

2.ユナイテッド航空

3.デルタ航空

4.コンチネンタル航空

5.ノースウエスト航空

6.USエアウェイズ

となるのでしょうか。

 日本ではさかんにマイルをばらまいて顧客集めをしているのは第2位のユナイテッド航空と第5位のノースウエスト航空ですが、この第6位の会社が第3位の会社を買収しようというのは面白いですね。

ちなみに第3位のデルタ航空、第4位のコンチネンタル航空、第5位のノースウエスト航空は同じスカイチームのメンバーです。

 第1位のアメリカン航空はワンワールドのメンバー、第2位のユナイテッドは第6位USエアウェイズと同じくスターアライアンスメンバー。

 ということは、これらの買収により、海外で行きたい国に飛んでいる航空会社のマイルをせっせと貯めても、買収によっていっきに変わる可能性があるのでしょうか?

マイルを使う海外旅行者にとってはこの再編には当分目が離せないでしょう。

|
|

« 【お知らせ】 | トップページ | 航空会社の燃料節約あれこれ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お知らせ】 | トップページ | 航空会社の燃料節約あれこれ »