« カンタス航空関係者と会食しました! | トップページ | 機内映画を楽しんでいますか? »

2006年11月27日 (月曜日)

カンタス航空のストックオプション

昨日の続きです。

J0283703_1 カンタス航空では、社員にストックオプション制度があり、自社株をくれるそうです。いいですねぇ。

カンタスの知人は貰った株が8,000株ほどになった、といっていました。

わたしが今年の7月にシドニーに行ったときには1豪ドルあたり85円ぐらい(2月にシドニーに行ったときは82円ぐらい)でしたが今のレートは90円前後ですね。

カンタスの株価は6月には2.91豪ドルだったのが、アメリカのテキサス・パシフィック・グループの買収計画(現地ではテキサス・パシフィック・グループよりもマッコーリー銀行による買収として有名みたいですが…)が発表されてから5.25ドルに株価ははねあがりました。

つまり知り合いの保有株価値は197万円が一挙に378万円になったわけです。個人の資産としてみれば嬉しい限りですが、ところがカンタスの社員は競って株を今、売却しているそうです。

特に自己資産確保に動いているのは日本人等の外国人スタッフでしょうね。

リストラで首切りがいつ来るかわからない(既に関西路線からは撤退していますから人員削減は始まっています)そしてオーストラリアのバブル経済もおかしくなりつつあるからだそうです。

日本の場合には、ストックオプション制度はまだまだ少ないですが、仮に社員持ち株制度で社員が自分のお金で購入してきていても、自社株を売却しないように会社側が社員に強い圧力をかけるのは間違いないでしょう。

これは日本の風土でしょう。

海外ではこの辺の感覚はかなり違うみたいですね。

そして、社員持ち株が大量に市場に出回り、外資による株買収がいっそう加速されるのでしょうか?

(画像はGIFでクリックすると別窓で動きます)

|
|

« カンタス航空関係者と会食しました! | トップページ | 機内映画を楽しんでいますか? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん!
このトピとは全く関係ない話なんですが、今TVを見ていたらオーストラリアの大干ばつのニュースが!
以前、私のブログでコメントしていただいたことが今頃TVに取り上げられている・・・?!
でもって、豪州の小麦粉がとれなくなり讃岐うどんの危機だとか。
旅好きおやじさん、航空会社論もすごいんですけど!世界情勢を見る目は一体どこで養っているのでしょうか?
本当にすごいです~(゚∀゚)*+*+←羨望の眼差し

投稿: ぐーた | 2006年11月27日 (月曜日) 17時33分

こんばんは♪

お褒め頂いてありがとうございます。それほどでもないんですけど、仕事柄穀物油脂の相場表は毎日見ています。

干ばつで世界の小麦相場が急騰していますので、うどんだけでなく、パンも値上がりするかもしれません。

すると安倍首相は米を食べろと発言し、また輸入タイ米を奨励するかも?

投稿: 旅好きおやじ | 2006年11月28日 (火曜日) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カンタス航空関係者と会食しました! | トップページ | 機内映画を楽しんでいますか? »