« ヴァージンのフライングクラブについて・・ | トップページ | 在住者が選ぶNYのおみやげベスト10は? »

2006年11月 7日 (火曜日)

ヴァージン・ANAで世界一周!

 誰もが一度はあこがれる世界一周。

 2006101日旅行開始分よりANA(以下NH)とヴァージンアトランティック航空(以下VS)が共同で世界一周チケットの発売を開始しました。

(日本発・大人運賃)
ビジネスクラス 625,000
エコノミークラス 335,000

 スターアライアンスや、ワンワールドのグループで世界一周チケットを切ることはよくありますが、この例はグループが違っていて世界一周チケットを切るという珍しい例です。

 ヴァージン アトランティック航空は名前のように主に大西洋(アトランティック)路線が中心ですが、一方、ANAは日本から欧米、アジア路線が中心となり、唯一のロンドン線を除いて両社が競争しないことから提携が出来たのでしょう。

この条件は:

●日本を出発してヴァージン アトランティック航空またはANAの運航便を利用して、東回りまたは西回りの何れかの順路で日本へ戻る旅程であることが必要となります。日本発着という日本の旅行客を対象にしたチケットですね。

●また、追加運賃を支払うことでブリテッシュミッドランド航空でエジンバラなど (指定設定地点のみ)への利用も可能だそうです。

有効期間は1年間で、旅行日数は14日間以上であることが必要です。
 途中降機は各都市3回まで可能だそうですが、すこし少ないような気がしますね。(日本国内では国際線出発地または到着地で各一回可)

●予約・発券は出発の14日前までに完了することが必要です。
 予約・経路の変更、払戻しは可です。
 但し出発13日前以内の変更は手数料をいただく場合があります。
利用のクラスに応じて、ヴァージン アトランティック航空フライングクラブ、またはANAマイレージクラブのマイルを積算できます。

 ANAのホームページにもヴァージンのホームページにもチケットのクラスが書いてありませんでしたが、エコノミークラスの場合、ヴァージン航空は最低100%加算できますが、ANAは正規エコノミー運賃を除いて50~70%しか加算できません。

もしマイルの獲得の面で考えると、出来るだけヴァージンの飛行機を使ったほうがお得な計算になりますね。 

経路例とビジネスクラスで支払った場合の運賃例:

  • 東京NHロンドンVSニューヨークNH東京 (950,800円)

  • 東京NH上海VSロンドンVSワシントンNH東京 (957,200円)

  • 東京NH香港VSロンドンVSサンフランシスコNH東京 (1,092,500円)

  • 東京NHロンドンVSラスベガス(陸路)ロサンゼルスNH東京 (1,111,700円)

 この経路例では一番下のコースの正規料金が一番高くなっています。

 ということはアメリカ合衆国の東(ワシントンやニューヨーク)から帰国せずに、西海岸でワンストップした経路のほうが、実際の飛行時間が長くなり、マイルもより稼げるみたいです。

 詳しくは、ヴァージン航空予約部部へお問い合わせください。
電話: 03-3499-8811(平日9:0017:30、土・日・祝は休業)

|
|

« ヴァージンのフライングクラブについて・・ | トップページ | 在住者が選ぶNYのおみやげベスト10は? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴァージンのフライングクラブについて・・ | トップページ | 在住者が選ぶNYのおみやげベスト10は? »