« スイスワインって何? | トップページ | 今度はオーストリアワイン »

2006年10月27日 (金曜日)

スイスワインって何?(2)

山が多い国土で、栽培できる土地が限られたスイスでは、量を産出するよりも高品質を保つために、国や地方で基準を定め、各ブドウ園の生産量が制限されているのですね。

また、ワイン好きなスイス人のワイン消費量は多いため、スイスワインはほとんど海外に輸出されていません。

しかし、スイス旅行中ならば、レストランやワイナリー、居酒屋などで、スイスワインが味わえるチャンスがいっぱいあります。

Ph_fwine

なかには、生産量が少なく地元にしか流通しない銘柄も相当ありますので、(スイスだけに限定するわけではありませんが)日本人の味覚にあうワインがみつかりそれを日本のマスコミが記事に書くと、一気にブレイクするでしょうね。数倍にもプレミアムがついたりして・・・(笑)。

同じ品種のブドウでも土壌や環境で違ってくるのがワインの味。ぜひその土地ならではワインを試してみましょう。
Img_0671_1

レマン湖地方とも呼ばれているヴォー州はスイス第2位のワインエリア。

ニヨンからモルジュ辺りの古城の多いラ・コート地区、ローザンヌやモントルー周辺で湖を見下ろすように丘陵状に連なるラヴォー地区、ヴィルヌーヴからエーグル周辺などアルプスの入り口にあたるシャブレー地区、ヌーシャテル湖の南側に位置するボンヴィラー、ヴュイー地区に分かれています。

Img_0701

このモントルーの隣のローザンヌには1893年に創設された世界的に有名なホテル学校があり、世界から著名な料理人が集まってくるそうです(シェ松尾をオープンしたの松尾幸造氏もここの卒業生)。

この影響もあり、この百数十年の間にワインの品質が大幅に向上したのでしょうね。

|
|

« スイスワインって何? | トップページ | 今度はオーストリアワイン »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん、おはようございます♪
やはりスイスに行って、味わうのが一番のような気がします。

旅行の楽しみのひとつでもありますね(^^)

投稿: まねき猫 | 2006年10月27日 (金曜日) 10時22分

ワインは飲めないので、飲めるようになりたいんですけどね(*^_^*)

最近、おやじさんのサイトがとても重くて開くのに時間がかかります。

どうしてだろう??

投稿: hao | 2006年10月27日 (金曜日) 20時31分

●まねき猫さん、こんにちは♪
やはり、寒くて雪が降るスイスの山小屋みたいなところで熱々のチーズフォンデュと白ワインを味わうのが一番ですよね(あー食べたい)。

●haoさん、こんにちは♪
サイトが重いのはどうしてでようかね?
ひょっとしたらヨーロッパの写真を怒涛のように貼り付けたからでしょうか??

投稿: 旅好きおやじ | 2006年10月28日 (土曜日) 13時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« スイスワインって何? | トップページ | 今度はオーストリアワイン »