« 癒しタマゴ?! | トップページ | ウィーンの歩き方二日目 »

2006年10月 4日 (水曜日)

地球(ウィーン)の歩き方

Cci00008

「ウィーン・カード」という72時間有効の地下鉄・バス・市電乗り放題のカードが現地で発売されています。190箇所以上の優待割引もありますので費用をかけずに市内観光を制覇するのには力強い味方です.価格は16.90ユーロ(約2500円です)。

そして、オーストリア政府観光局ウィーン代表部が72時間このカードを使った初めてウィーンを訪れるひとのための「ウィーンの歩き方」を発表していますので以下要約して紹介します。

第1日目: 

9 
朝食を済ませたら、まずホーフブルク王宮へ。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(在位18481916)の居室と、美しき皇后エリーザベトの居室を見学します。王室の食器類は銀器コレクションで見られます。見逃してはならないのは王宮宝物館です。帝冠、王冠にちりばめられた豪華な宝石をご覧ください。
10
45
スペイン乗馬学校
の公演を見るには、切符の予約が必要ですが、すぐ隣の厩舎内にあるリピツァーナー博物館なら予約不要、すぐに入れます。
11
30 
さて、ちょっと休憩。由緒ある王室御用達菓子店デーメル (Kohlmarkt 14) を覗いて見てください。あまりゆっくりし過ぎないように。
12
にはホーア・マルクトのアンカー時計の仕掛けが動き始めます。音楽と歴史上の人物が登場します。見終わったらユーデン広場の博物館に向かって歩きながら、まるで時が止まったかのような、あちこちの狭い小路のしっとりとした雰囲気を味わってください。 

14 
ウィーン最古の教会、聖ルプレヒト教会
8世紀)を訪ねましょう。ここからはドナウ運河とフランツ・ヨーゼフ河岸がよく見えます。 ロマンティックな中世の雰囲気を味わいながら、ハフナーシュタイクに入り、美しい中庭ハイリゲンクロイツァーホーフ、大学教会を見、ブルートガッセ、ドームガッセを抜けていきましょう。 
さあ、ウィーンの中心、シュテファン寺院にたどり着きました。 850年もの時を経た街のシンボルです。 343段の階段を登る自信があれば、南塔へ登って見てください。上からの眺望はそれだけの価値があります。(シュテファン寺院ガイドツァー:15時)
15
30
ウィンドーショッピングをして見ますか? 
バロック様式のペストの像のあるグラーベンにも、また有名なケルントナー通りにも美しい商店やカフェが集まっています。ここかしこでストリート・ミュージシャンたちが演奏を披露している姿も見られます。 
歩行者天国になっているこの通りを、国立オペラ座方面に向かってぶらぶら歩きましょう。
国立オペラ座を右に見てさらに先に行くと、100年前に建てられたセセッシオーン(分離派会館)に出ます。ウィーン・ユーゲントシュティルの代表建築です。ここではどうぞ、グスタフ・クリムトのベートーヴェン・フリース鑑賞に時間を取ってください。

17 
カール広場には、オットー・ヴァーグナーの設計したカールスプラッツ駅舎(パビリオン)が対になって立っています。現在は、駅舎のうち片方はカフェとして、もう片方はウィーン・ミュージアムの一部として使われています。 
そこから数分歩けば、リンケ・ヴィーンツァイレ38番地と40番地に立つユーゲントシュティルの名作、美しい2棟の集合住宅が見られます。 
ここまで来たら、ちょっとナッシュマルクトを冷やかしてみましょう。目にも耳にも鼻にも飛び込んでくるバザール・スペクタクル。ここに来ると、バルカンはウィーンから始まるのだと気づきます。
18
30
ナイトライフ
へと繰り出す前に、まずしばらくホテルでお休みになるのが賢明です。
19
30
「いかにもウィーンらしい」宵の楽しみはホイリゲ、緑の中にある簡素なワイン酒場です。簡素であればあるほど、街から離れていればいるほど、いいのです。ですから、グリンツィング Grinzing ばかりを目指さずに、ジーフェリング Sievering、ペッツラインスドルフ Poetzleinsdorf、あるいはドナウの向こう側のシュタマースドルフ Stammersdorfにも行って見てください。
22
30
まだ元気のある人は、ちょっと夜の旧市街を歩いてみましょう。スナックなバーがたくさん集まっている「バミューダ・トライアングル」(Rabensteig / Seitenstettengasse) で、その日の余韻を味わってください。   
 
(一日目終了)

Reitschule03

Schatzkammer

|
|

« 癒しタマゴ?! | トップページ | ウィーンの歩き方二日目 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん、おはようございます♪
このカード、買おうと思っているんですよ(^^)
リムジンバスも割引になるとか(?)

デーメルでは、シシィ(エリザベート)が好きだったスミレ花の砂糖漬けのお菓子を買う予定です。シシィが好きだったという事は、きっと美容と健康に効果があるに違いません(=^・^=)


投稿: まねき猫 | 2006年10月 4日 (水曜日) 09時33分

まねき猫さん、こんばんわ♪

すごく割引が多いですが、わたしは今回24時間のウィーン滞在ですから72時間カードだと割引でいけるところも中途半端で、考えちゃいますね。

スミレの花の砂糖漬けですか?
うーん、どんな味なんでしょう。

投稿: 旅好きおやじ | 2006年10月 4日 (水曜日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/3684029

この記事へのトラックバック一覧です: 地球(ウィーン)の歩き方:

« 癒しタマゴ?! | トップページ | ウィーンの歩き方二日目 »