« 資生堂の日本未発売化粧品!! | トップページ | スイス・チョコレートは美味しい! »

2006年9月30日 (土曜日)

ウィーン・モーツァルト・イヤー2006

Mozart 旅行博で貰ってきた資料から、10月以降のウィーンでのモーツァルト・イヤーに関する各種イベントです。

リンクはドイツ語が最初表示されますが、ほとんど英語表記のページがありますので「English」の文字があるところをクリックしてみてください。

●コーリング。モーツァルト<12月5日まで)

ウィーンの約50箇所でモーツァルトの音楽と足跡を携帯電話やオーディオガイドで辿ることが出来ます。ウィーン国立歌劇場隣の「WIENER MOZARTJAHR2006」案内所でオーディオガイダンス機器を借りれます。

www.callingmozart.at

●モーツァルトの宗教音楽(12月5日まで)

ウィーンの30箇所の教会でモーツァルトの宗教音楽が生演奏されます。

www.wienmozart2006.at

●ヴォルフガング・アマデ(11月14日まで)

モーツァルトの幼少時代と青年期を中心に、ZOOMこども美術館にてインタラクティブ方式で展覧会を開催。

www.kindermuseum.at

または、www.daponte.at

●湾曲された歴史―モーツァルトの新たな解釈(10月15日まで)

モーツァルトの生涯と作品から、現代とのつながりを探り、展覧会とイベント形式で歴史の新境地を4箇所の展覧会場で切り開いていきます。

www.remappingmozart.mur.at

●モーツァルトの研究発表2056(12月31日まで)

デュオアーティストのドイチュバウアーとスプリングによるモーツァルトの精神が現代に及ぼしている影響の研究発表

www.refermozart2056.com

●セラグリオー後宮(11月1日まで)

モーツァルト歌劇「後宮からの迷走」を新たにアレンジした作品。ウィーン・シャウシュピールハウスにて。

www.schauspielhaus.at

●サウンドアスペクト(12月14日まで)

5つのパートで現代音楽家たちがモーツァルトの作品を競います。

www.sargfabrik.at

●理由を知らなかったとしたら(10月24日まで)

ペーター・ブルヴィック率いるXX世紀アンサンブルがモーツァルト作品を新しい音楽手法で展開します。

www.exxj.comまたは、www.porgy.at

I hate Mozart(11月8日、10日、12日)
ベルンハルト・ラングとミヒャエル・シュトゥールミンガーによるモーツァルトの音楽、人格をテーマに据えたオペラ。アン・デア・ウィーン劇場にて。

www.theater-wien.at

●ゲルト・キュールのバイオリン・コンサート(11月9日)

パトリツィア・コバチンスカヤ書き下ろしのコンチェルトをゲルト・キュールと共演。ウィーン楽友協会ホールにて。

www.musikverein.at

www.wienmodern.at

●楽友協会ホールでのショーダウン2006(11月17日)

200種類以上の打楽器による4時間にも及ぶパーカッション・マラソン。ウィーン楽友協会ホールにて。

www.martingrubinger.com

●ポリーニの視点(11月18日~12月10日)

マウリツィオ・ポリーニがモーツァルトの名作と20世紀を代表する作品とを対比させます。

www.konzerthaus.at

www.musikverein.at

www.theater-wien.at

Callingmozart

|
|

« 資生堂の日本未発売化粧品!! | トップページ | スイス・チョコレートは美味しい! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん、こんにちは♪
モーツァルトイヤーにふさわしくイベントが目白押しですね。
シュタットオーパーかフォルクスオーパーに行きたいのですが、まだ未定です(^^;

投稿: まねき猫 | 2006年9月30日 (土曜日) 15時21分

まねき猫さん、こんばんわ♪

とりあえず、本日は期間限定だけをあげました。
この前貰ったウィーンの資料だけでもすごく重いです(笑)

わたしは金曜日3:00頃空港について直接お客のところへ行きますので、チェックインはその後、残念ながらどちらも行ける可能性は低いですね(汗)

投稿: 旅好きおやじ | 2006年9月30日 (土曜日) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 資生堂の日本未発売化粧品!! | トップページ | スイス・チョコレートは美味しい! »