« アフリカン・ミュージックに酔いしれる! | トップページ | 空とぶホテルA380招待へのサポート! »

2006年8月25日 (金曜日)

空とぶホテルA380に招待!!

空を飛ぶホテルといわれる「エアバスA380」がシンガポール航空によって運行されることになりました。

A380cabinimage 二階建ての巨大航空機(ボーイング機のような、とってつけた二階建てとはまったく違います)で、2000年より開発が始まり、そしてやっと本年初就航となります。

この超巨人旅客機の開発構想が出たのは1980年代末でした。

その当時は航空旅客需要が大きく伸び、世界各地の空港が混雑するであろう、それに対応するには600席、800席、1,000席のスーパージャンボが必要ということからです。

この構想がエアバス社の下で一つにまとめることで合意されたのは1993年6月でした。

同じ頃、ボーイング社も747を上回る超巨人機の開発を考えていましたが、その結果、こうした超巨人機の開発に着手するには市場の見通しが不充分という理由から研究は2年半で中止されてしまいました。

しかし欧州側は諦めず、エアバス社は多数のエアラインと話し合いをはじめました。

その中でシンガポール航空が、旅客555人をのせてシンガポールからロンドンへ直行できるような旅客機が欲しいというものでエンジンにいろいろと変更を加えながら今回の初就航になったわけです。

日本政府は小泉総理、竹中大臣をはじめとしてアメリカ大好きだから、というわけではないでしょうが、日系航空会社はほとんどボーイング機を購入していますね。

しかも、先月頃に日本のさる重機メーカーはエアバスの部品製造受託を中止しています。

とにかくエアバスA380は今後も日本では搭乗する機会はほとんどないのではないでしょうか。

さて、このたびの初就航を記念して、シンガポール航空がシンガポール=シドニー線の搭乗招待のキャンペーンを行なっています。就航はカンガルー路線と呼ばれ、シドニー=シンガポール=ロンドン間を飛ぶみたいです。

もしこの初就航に乗ってみたいという方は、下記ホームページから参加してください。

途中からすべて英語表記になってしまいますので(汗)、もしサポートが必要な方は明日再度アクセスしてくださいね。

http://www.singaporeair.com/saa/ja_JP/index.jsp

なお、このトピックは旅すずめさんからの提供ですm(_ _)m

|
|

« アフリカン・ミュージックに酔いしれる! | トップページ | 空とぶホテルA380招待へのサポート! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん、おはようございます♪
わざわざ取り上げていただき、こちらこそありがとうございます。

数日前から、突然「そうだ、プラハに行こう!(笑)」と思い立ち、昨日はホテル検索に、全精力を費やしていました。立地、金額、クチコミの「ひとりボケ&つっこみの比較検討」(笑)

プラハは、映画「アマデウス」「ミッションインポッシッブル」のロケ地にも使われたそうで、ぜひ訪れたいと思います。
旅の目的は色々(世界遺産、芸術、美味しい物、名産品、大自然等)とありますが、ロケ地訪問もひとつです。

旅好きおやじさんからの情報でLH[ベターフライ]だと、FRA=PRG(プラハ)の往復が、2人で、驚きの¥23,100!でした。決定次第、予約します。時間の関係で、FRA空港近くのホテルに1泊する予定です。

フランクフルトマイン空港のHPにも、A380の記事がありました。LHも運航するのですね。http://www.fraport.com/cms/a380/rubrik/7/7685.htm

投稿: 旅すずめ | 2006年8月25日 (金曜日) 10時46分

旅すずめさん、こんにちは♪

フランクフルト中央駅の立ち食いの焼きたてのフランクフルトソーセージはすごくおいしいですよ♪

時間があれば行ってみてください。

投稿: 旅好きおやじ | 2006年8月25日 (金曜日) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/3198956

この記事へのトラックバック一覧です: 空とぶホテルA380に招待!!:

« アフリカン・ミュージックに酔いしれる! | トップページ | 空とぶホテルA380招待へのサポート! »