« アイスコーヒーがない?! | トップページ | うまいビールを飲みたい!! »

2006年7月21日 (金曜日)

オーストラリア国内線に乗る

日本からオーストラリアへは時期を外せば、4万円台、5万円台で格安往復航空券は結構みつかりますが、オーストラリア国内を移動する航空会社は、旅行者にとってなかなか安いチケットは見つかりませんね。

我々は今回シドニーの旅行代理店にチケット予約をお願いしましたが、明細はこのようになっていました。

シドニー/ブリスベン DJ-xxx      A$149

ゴールドコースト/シドニー DJ-xxx  A$169

旅行代理店手数料             A$33

合計 A$351(約三万円)

距離から見るとシドニーノからブリスベンまでで1時間半、ゴールドコーストが1時間10分。

距離が近いほうが高いという逆転現象を起こしていますが、この航空運賃も旅行代理店いわく、端末を見るたびに変動しているのでこのような結果になったとの理由です。そしてこの変動差はかなり幅広いそうです。

それにしてもいい値段ですね。お得に国内線を使う為にはこのシステムを掘り下げなければなりませんね。

まず今回移動にはDJという航空会社を使用しましたがこの航空会社はバージンブルーといって、イギリスのバージン航空の子会社です。

カンタスよりも航空券の値段が安いとのことですが、機内の飲み物、食べ物はすべて有料でした。そして搭乗券はスーパーのレシートのようなぺらぺらの感熱紙です。

Cci00036 チェックインもスーパーのレジのように、バーコードをゲートでかざして搭乗します。

この点を見ると十分にコストを削っているように思えます。

価格が安いというのもうなずけます。

ではカンタスのほうがバージンよりもそんなに高いのでしょうか?

ホームページで価格を比べてみましょう。

え、最初からホームページで購入すればよかったのでは?

そうですね。

その通りですが、ついめんどくさくなってしまい旅行代理店に任せてしまったのです。

めんどくさいから。これが損をする盲点です。

これも今回の反省点です。

話を戻しましょう。一例として明日のカンタスのシドニー/ブリスベンのフライト運賃を出してみました。

なるほど朝早いとA$111で行ける訳です。7時台になるとA$144になり、それ以降はシートが埋まっています。

A$170-180を支払えばかなり搭乗する便の選択に余裕が出るわけですか。

Qantas

では、ヴァージンブルーの価格を見てみましょう。

確かに昼の一便を除くとすべてA$95から、A$115で搭乗できるみたいです。

この日を見る限りでは早朝はカンタス。それ以降はバージンに乗れということですね。

Virgin

予約は早めにしておくと便の選択の余地が多くて、安いチケットが取れやすいということです。

そして、旅行代理店で業者向けの端末で予約してもらっても、個人で予約しても、値段はそれほど変わらないということです。

そして旅行代理店の手数料のA$33は自分で行なえば節約できるということです。

カンタス航空

http://www.qantas.com.au/regions/dyn/home/qualifier-region-au

バージンブルー航空

http://www.virginblue.com.au/

|
|

« アイスコーヒーがない?! | トップページ | うまいビールを飲みたい!! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、旅好きおやじさん♪
DJという航空会社、初めて知りました。アメリカ国内では、サウスウエスト航空(?)が、ボーディングパスは使い捨てじゃないものになっていると聞きましたが、経費節約で運賃を安くしているのでしょうね。

一昨年にNZに行った際、成田=オークランドはJALのHPで予約したのですが、オークランド=クィーンズタウンのチケットは、ニュージーランド航空HPから予約しました。カンタス航空もニュージーランドの国内線を扱っていたのですが、HPの運賃と時刻を比較して、前者に決めました。
予約を入れた数日後、同じ便を見たら、値段が上がっていました。ちょうど、JALやANAの早割り料金のようなものだと思います。Eチケットだったので、便利でした。

オークランド→クィーンズタウンの便の日本人は、私達だけでした。偶然、CAに日本人の方がいらしてとても親切にしてもらいました。

帰国してから、きちんと旅の資料をまとめておかないと、もうちんぷんかんぷんです。
旅好きおやじさんを見習わなくては(苦笑)。

投稿: 旅すずめ | 2006年7月23日 (日曜日) 22時36分

こんばんわ、旅すずめさん♪

運賃のマジックで、ヨーロッパではパリからフランクフルトまでチケットを買うとべらぼうに高いですが、パリで往復割引航空券を購入して、片道を捨てたほうが安かったです。

やはりいろいろと前広に情報を分析しておかないとだめですね。

あ、わたしも資料の整理はすごく悪いですよ(笑)。
それで、忘れないようにと雑記帳がわりにブログを書くことにしたのです(汗)。

投稿: 旅好きおやじ | 2006年7月24日 (月曜日) 17時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/2747368

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア国内線に乗る:

« アイスコーヒーがない?! | トップページ | うまいビールを飲みたい!! »