« 夏休みに海外で文化に触れよう! | トップページ | 燃油サーチャージを節約!! »

2006年7月11日 (火曜日)

オーストラリアワインの産地は?

さあ、今日は知ったかぶりのための「即席のオーストラリアワイン通」講座です。

オーストラリアワインの産地はハンターバレー(NSW州)、ヤラバレー(ビクトリア州)、バロッサバレー(南オーストラリア州)、スワンバレー(西オーストラリア州)の4バレーが有名ですがこれ以外にも有名なワーナリーとしてシロメ・ワイナリー(クイーンズランド州)などいくつかあります。

Hunter まず、ハンターバレーはシドニーから車で約二時間の距離。旅行者にとっても訪問しやすく一番なじみの深い産地でしょう。ここには100以上のワイナリーがあり、ほとんどの場所でテイスティングが出来ます。この地域では熟成の早いセミヨン種やシャルドネ種がソフトでお勧めだそうです。

次にヤラバレーはメルボルンから車で東へ一時間弱の高原地帯にあります。ここには34のワイナリーが点在しており、土壌の質がよいことからシャルドネ種やピノノワール種が人気。ここには「ドメイン・シャンドン」というワイナリーがありますが、ドンペリのメーカーとして有名な「モエ・エ・シャンドン」が経営しています。

また、ここの「デ・ボートリ・ワイナリー&レストラン」は貴腐ワインとして有名な「ノーブルワン」のメーカーで週末はティスティングで列を作るほどにぎわっているそうです。

Barossa 三番目にバロッサバレーはオーストラリアワインの生産の半分を担っている一大産地です。もともとドイツからの移民がはじめたワイナリーですがそれから一世紀半もたったそうです。

ここではフルボディーの赤ワインや力強い白ワインが人気です。以前アデレードに工場を持つ日系の自動車会社の人に車で連れて行ってもらったことがあり、ワイン三昧を楽しみました。

その中でも、味わったスパークリングワインはフランスのものよりも泡が大きく、力強い味わいで衝撃的でした。

そして西オーストラリア州にはスワンバレーがあります。もともとパースにはブラックスワン・黒い白鳥(黒鳥?)がいてスワンはこの州の売り物ですがパースからスワンバレーまで北へわずか30kmです。そして南に300km近くくだるとマーガレットリバーがあります。

この地域では1960年代からワインの生産がおこなわれており、今では60を越すワイナリーが極上ワインに特化して生産しています。この地域のブドウの種類はシャルドネやカルベネソービニヨンが有名。

Sirromet_winery そして最後にクイーンズランド州のシロメ・ワイナリーは過去三年間で150もの賞を受賞しているプレミアムワイナリーです。

では、クイーンズランド州に行ってきます!!

|
|

« 夏休みに海外で文化に触れよう! | トップページ | 燃油サーチャージを節約!! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
今日からオーストラリアですか、うらやましいです。旅行の報告を楽しみにしています。

昨日、全く日本語のわからないNYからのアメリカ人3人と懐石ランチと観光を楽しみました(?)
トラベルとトラブルを聞き間違いして、お互い「?!」っという感じでした(笑) ほんとにもう私はトンチンカンです(笑)

オーストラリアで、「ハヴァ グッ ダィ」と言われましたが、ちょっと英語に訛りがあるようですね。
ヒアリングは、以前よりは少しマシになっていると思っていますが、なにしろシャイで(笑)、うまく話せません。
旅好きおやじさんは、語学は堪能とお見受けしますが、ど~すれば、いいんでしょうね?コツとかありますか?

秋にフランクフルトですか。ミュンヘンでは、「オクトバー・フェスト」がありますね。ビール好き(口癖は「アイン ヴァイスビア ビッテ」)としては、ビール飲みにドイツに行きたい~です。

ウィーンのプチポワン工房ですが、神経集中の作業場で、じゃまにならないよう見学しました。奥に作品が売られていて、そこで小物を買いました。会話は英語で、免税までしてもらえてとても親切でした。
市電に乗って、ホイリゲでワインの新酒を楽しみました。ヌーヴォーと言えば、フランスが有名ですが、ホイリゲも結構盛り上がってました。音楽の都だけあって、ワインを飲みながら、音楽も楽しめます。

投稿: 旅すずめ | 2006年7月12日 (水曜日) 11時50分

こんばんわ旅すずめさん♪

いま、成田空港です。
でも日本語が通じないアメリカ人を三人も相手にすごいですね!
豪州の人はアクセントとaの発音に特徴があるみたいですね。昔、何パーセントか聞かれたときウォッツス ライトといわれて、明かりがどうした?それとも右に何かあるのか?とあわてたことを思い出します。

わたしの英語はたいしたことないですよ。
ではこれから搭乗しますので、また!

投稿: 旅好きおやじ | 2006年7月12日 (水曜日) 20時29分

オーストラリアのワイン産地としては、ハンターバレー(NSW州)、ヤラバレー(ビクトリア州)、バロッサバレー(南オーストラリア州)、スワンバレー(西オーストラリア州)に、加えてタマーバレー(タスマニア州)の5バレーが有名だと思います。
このタマーバレーのワイナリーや周辺の美しい見所を効率よく見て回るのなら、ロンセストンからの半日、または日帰りツアーを利用するといいと思います。
時間のない人はストラスリン・ワインセンター/Strathlynn Wine Centre(住所:95 Rosevears Drive, Rosevears 電話:(03)6330-2388 開館:10:00-17:00 ランチ:12:00-15:00)に行くといいと思います。ワインセンターではテイスティングができ、レストラン、おみやげ屋もあります。勿論ワインを買う事もできますよ。

投稿: Tassie | 2008年10月26日 (日曜日) 07時50分

Tassie様

タスマニアもありましたね。こちらの方まで足を延ばす機会がなかったのですが、一度行ってみたいものです。

この春のハンターバレーのときはかなり酔っ払ってしまいました。

投稿: 旅好きおやじ | 2008年10月27日 (月曜日) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/2612040

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアワインの産地は?:

« 夏休みに海外で文化に触れよう! | トップページ | 燃油サーチャージを節約!! »